難しいと思われがちな生活保護申請を行う方法を詳しく解説!

偽りなくきちんと生活保護申請をしよう

頭を抱える

生活に困った時に、誰にも助けてもらえないと諦める前に、国の制度である生活保護申請をしてみましょう。生活保護は、様々な人が対象となります。まず前提として、身近に助けてくれる親や親族がいないことが条件となります。連絡が取れない状態だったり、親がいても助けてもらえる状況にないなど、様々な背景がありますが、市町村の福祉関係者がきちんと調査するので正しく申請する必要があります。そして、助けてもらえない上に事故や病気で働けない状態であることや、毎月の収入が一定額以下で生活が苦しい人は、受給の対象となる場合が多いです。よく不正受給という言葉を聞きますが、資産や収入をうまく隠したり、助けてくれる身内の存在を隠して、虚偽の申請をして生活保護を受給する人もいます。本当に困った人のために国からお金が出ているので、不正受給は許されることではありません。真実を伝える必要があります。生活保護申請は代行も利用できます。足を運ぶのが難しかったり、高齢で書き物ができない、書類の書き方が難しいなどという場合、無理せず生活保護申請代行を利用しましょう。その後の生活についてもサポートしてもらえます。生活保護は、きちんと正しく申請し、受給しましょう。

Press Release

手をつなぐ母娘

生活に本当に困っている方は生活保護申請をして生活保護を受けよう

生活保護と聞くと、なんとなくマイナスなイメージを持ってしまう方もいるかもしれませんが、本当に生活に困ってしまったり、明日生きていくだけの生活費にも困ってしまった場合には、生活保護が助けになります…

click!more
説明を受けるシニア夫婦

生活するお金に困ったら生活保護申請をしよう

お金がなく生活に困っている人は少なくありません。中でも、周りに頼れる両親や親族がおらず、いても…

頭を抱える

偽りなくきちんと生活保護申請をしよう

生活に困った時に、誰にも助けてもらえないと諦める前に、国の制度である生活保護申請をしてみましょ…